トップページ >> 活動報告 >> 未分類 >> 国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」に採択される
活動報告

国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」に採択される

一般社団法人復興支援士業ネットワークは、国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」における「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に2017年9月11日付けで採択されました。これにより、2017年10月14日から、ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談窓口を仙台市内に設置いたします。
本事業は、定年退職を迎えた団塊の世代(アクティブシニア)を中心とした高齢者等が所有する住宅資産の活用に関し、住宅の資金化や安心な住まい先の確保など住宅資産の活用について相談できる体制を整備することと、住宅資産の活用について助言する専門家を育成することで、高齢者の住み替えの円滑化、並びに高齢者が所有する良質な住宅ストックの住宅市場への供給を促進し、中古住宅市場の活性化を図ることを目的とした事業となります。
この度、国土交通省が「住み替え等円滑化推進事業」のうち「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業及び、「住宅資産の活用促進のための専門家の育成」事業について、事業者の公募を行い、一般社団法人復興支援士業ネットワークは「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に応募し、本事業に採択されました。
一般社団法人復興支援士業ネットワークが実施する「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に基づく、ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談窓口の概要は以下の通りです。

相談窓口の運営体制
場所:みやぎNPOプラザ会議室他市民センター会議室(宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地他)
頻度:毎週土曜日、予約制で1日4件程度相談を実施
相談窓口設置予定日/2017年9月から2017年2月末まで ・1か月間に第1、第2、第3土曜日の計3回、午後1時から5時まで
相談回数/お客様1組につき、原則2回
相談料/無料(国が当該事業の実施に要する費用を補助するため)
予約受付/電話022-762-8791(9時~18時)※事前予約制(定員に達した時点で終了となります)
第1回目 無料 
ご相談者様の今後のご不安や悩みに対して一般的なカウンセリングを行います。 老後の住み替えや住宅資産の活用など老後や相続の資金計画の悩みについて相談を受けた後、相談員がアドバイスを行い、不安を解消するお手伝いを致します。


復興を使命とする専門家をご紹介。

日本財団カンパンバナー