トップページ >> 代表者あいさつ
代表者ごあいさつ

代表者あいさつ

代表者あいさつ

2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北地方を中心に甚大な被害をもたらしました。

我々はいま、震災からの復興を強力に推し進めるために、その地域住民の方々を中心に行政・企業・団体・学校が参加・協働型の持続可能な地域づくりを目的とした、専門家の継続的な派遣と助言を行う体制を創造することを目指して「一般社団法人復興支援士業ネットワーク」を創設しました。

当社団は、東日本大震災をはじめとする、自然災害や大規模な事故の被災者に対し、その生活支援、精神的支援及びその他各種の支援活動を行うとともに、被災企業に対する経営支援等の活動を行うことにより、被災地の復興を支援することを目的としています。

当社団に登録している専門家は、弁護士・司法書士・税理士・土地家屋調査士・中小企業診断士・行政書士・ファイナンシャルプランナー・金融関係者・心理カウンセラーなど、起業・経営・成長支援・事業再生・メンタルカウンセリングなどコンサルティングやカウンセリングにおいて実績のある人達です。

地域にお住まいの皆様に対して、事業再開・生活再建・持続可能な地域づくりをしていく上で、効果的な助言ができるよう、ふさわしい人材を継続的に派遣いたします。

また、皆様の立場にたった助言ができるよう、積極的に地域をまわり、復興していく上で、必要な知恵を提供してまいります。

当社団は、こうした士業による横断的なネットワークをつくるだけでなく、地域の市民活動を担うコミュニティ組織、NPOやNGO、中小企業等の多くの皆様に専門家としてできる限りの知恵を提供することを通じて、東北の持続可能な地域づくりを力強く支援してまいります。

一般社団法人 復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二

当社団のロゴにについて

樹・葉=様々な知恵や技術で再構築を表現。
新たに色々な角度や発想、また技術、心で新しい『大きな木』を育てていこうというイメージのロゴです。

ロゴ-復興支援士業ネットワーク

※画像をクリックすると拡大します。


復興を使命とする専門家をご紹介。

日本財団カンパンバナー