トップページ >> 活動報告
活動報告

6回復興支援 鎮魂の旅 名取熊野三社と北山五山めぐり

日毎に秋の気配が近づいてきたこの頃、皆様方にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
9月に訪れた「歴史と水の里佐沼・登米を訪ねて」は、登米市歴史博物館で思いがけず「坂上田村麻呂の伝説展」を鑑賞し、登米では懐かしい旧登米高等尋常小学校、そして高倉勝子美術館では作品群のすばらしさに感激しました。
 さて、今回はみなさんが知っているようでなかなか訪れることの少ない、「名取熊野神社三山」と「北山五山めぐり」を企画しました。
 全国で唯一、紀伊熊野神社三山からそれぞれ分霊された名取熊野神社三山は、900年以上の歴史を有し、東北の熊野信仰の中心的存在となっています。ことに熊野那智神社からの眺望は絶景としか言いようがなく、一見の価値があります。当日は井上宮司から当山の由緒など興味深いお話を伺える予定です。
 午後からは伊達政宗が450年前に仙台城築城と共に建立した、なじみの深い「北山五山」を巡ります。
当日は、平成20年に発足し来年10周年を迎える、北山ガイドボランテイアの皆さん方のご厚意により案内して頂ける予定です。由緒ある各寺院の歴史に触れ、遺臣たちの墓や庭園、銘木、花々を鑑賞しながら、秋の一日をゆったりと楽しめそうです。中でも光明寺の、支倉常長を描いた「慶長遣欧使節・ローマ法王謁見図」は圧巻です。
当プランのチラシが出来ましたので、早速お送りいたします。
どうかお友達もお誘い頂き、多数ご参加下さいますようご案内申し上げます。
なお、このツアーは平成29年度宮城県版NPO等による心の復興支援事業「仙台から歴史を学び地域住民同士のコミュニケーションを目指す」の一環として行うものです

6回復興支援 鎮魂の旅 名取熊野三社と北山五山めぐり


国土交通省推進事業『住まいと住み替え 無料相談会』開催します。

一般社団法人復興支援士業ネットワークは、国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」における「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に2017年10月2日付けで採択されました。これにより、2017年10月14日から、ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談窓口を仙台市内に設置いたします。
本事業は、定年退職を迎えた団塊の世代(アクティブシニア)を中心とした高齢者等が所有する住宅資産の活用に関し、住宅の資金化や安心な住まい先の確保など住宅資産の活用について相談できる体制を整備することと、住宅資産の活用について助言する専門家を育成することで、高齢者の住み替えの円滑化、並びに高齢者が所有する良質な住宅ストックの住宅市場への供給を促進し、中古住宅市場の活性化を図ることを目的とした事業となります。

ファイナンシャル・プランナーや宅地建物取引士が、住宅取得や住み替えの相談に応じます。
国土交通省の補助事業ですので、相談は2回までは無料です。また、販売や勧誘はありません。
・日時:10月14日(土) 午後1時~4時
・場所:みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地:JR仙石線榴ヶ岡駅下車 徒歩7分)
・事前にお電話、または以下のメールに申し込みください
・主催・お申込み先:(一社)復興支援士業ネットワーク TEL.022-762-8791 email:contact@fukkou.nows.jp


国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」に採択される

一般社団法人復興支援士業ネットワークは、国土交通省の「住み替え等円滑化推進事業」における「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に2017年9月11日付けで採択されました。これにより、2017年10月14日から、ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談窓口を仙台市内に設置いたします。
本事業は、定年退職を迎えた団塊の世代(アクティブシニア)を中心とした高齢者等が所有する住宅資産の活用に関し、住宅の資金化や安心な住まい先の確保など住宅資産の活用について相談できる体制を整備することと、住宅資産の活用について助言する専門家を育成することで、高齢者の住み替えの円滑化、並びに高齢者が所有する良質な住宅ストックの住宅市場への供給を促進し、中古住宅市場の活性化を図ることを目的とした事業となります。
この度、国土交通省が「住み替え等円滑化推進事業」のうち「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業及び、「住宅資産の活用促進のための専門家の育成」事業について、事業者の公募を行い、一般社団法人復興支援士業ネットワークは「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に応募し、本事業に採択されました。
一般社団法人復興支援士業ネットワークが実施する「住宅資産活用のための相談体制の整備」事業に基づく、ファイナンシャル・プランナーによる住宅資産活用に関する無料相談窓口の概要は以下の通りです。

相談窓口の運営体制
場所:みやぎNPOプラザ会議室他市民センター会議室(宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地他)
頻度:毎週土曜日、予約制で1日4件程度相談を実施
相談窓口設置予定日/2017年9月から2017年2月末まで ・1か月間に第1、第2、第3土曜日の計3回、午後1時から5時まで
相談回数/お客様1組につき、原則2回
相談料/無料(国が当該事業の実施に要する費用を補助するため)
予約受付/電話022-762-8791(9時~18時)※事前予約制(定員に達した時点で終了となります)
第1回目 無料 
ご相談者様の今後のご不安や悩みに対して一般的なカウンセリングを行います。 老後の住み替えや住宅資産の活用など老後や相続の資金計画の悩みについて相談を受けた後、相談員がアドバイスを行い、不安を解消するお手伝いを致します。


出雲幸五郎氏ご逝去に際し

仙台市若林区荒町で文具店「幸洋堂」を営み、商店街の活性化に尽力した出雲幸五郎(いずも・こうごろう)氏が7日午前8時28分、前立腺がんのため若林区荒町の自宅で死去されました。

出雲幸五郎様は本当にお優しい方でした。
出雲様は、荒町商店街振興組合の初代理事長を務め、毛筆のキャッチコピーを店頭に貼り出したり、ユニークなコンサートを催したりするアイデアマンで知られていましたた。1995~2011年に「こうごろう新聞」を毎月発行、「熱血こうごろう荒町風雲録」「『こうごろう新聞』仙臺荒町奮戦記」の著書があります。
 地元の歴史や文化を伝え、東日本大震災においては、米沢から来た救援物資を地元の方々に分け隔てなくお配りしていたと聞き及んでいます。毎週歌学校や茶話会古典の勉強会などを開催して被災された方々の心の復興に尽力されました。当社団が宮城県で行ってきました宮城県版「心の復興事業」にも共同実施者としまして尽力してくださいました。、また人生の先輩として、愛情深く見守ってくださいました。

最後になりますがこのたび出雲幸五郎様の訃報にふれ、謹んでお悔やみ申し上げるとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

                     合掌

一般社団法人復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170908_13037.html


弊社団の団体統治体制の強化について

関係各位 

初夏の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて弊社団は、本年ここに創業5周年を迎えるにいたりました。平成24年6月の設立以来、現在に至るまで、多くの方々のご支援をいただきながら東日本大震災からの復興支援活動をいたしております。この間 幾多の困難を克服しつつ今日の業績まで伸展し わずかかなりとも東日本大震災からの復興支援に貢献出来ましたことは、偏に皆様のご支援の賜と深く感謝申し上げます。
今般、弊社団は、本年6月に、理事会非設置型団体から理事会設置型団体の統治機構へ進化させることといたしました。あわせて、理事の追加選任と弊社団の事業内容に精通した監事が監査を実施する経営体制へ転換を図っていきます。業務執行を行う理事の相互監視を行うことにより、特定の理事の専断を防止することが出来る体制にすることで、対外的な信用を高めていきます。弊社団は、これまで理事会非設置団体でございました。なぜならば、被災地の状況は、刻一刻と変化をします。復興支援活動は、思いついたらすぐに行動するといった早い機動性が求められていたからでございます。一般的にも、理事会非設置団体の方が ①代表理事の選任が任意②業務執行権限を各理事が有する③株主総会の招集手続きが簡易という点で、団体活動に機動性を有しています。しかし、ここ1~2年、復興庁や宮城県からの「心の復興」事業を受託することをはじめ、行政や中間支援団体からの支援を頂くようになりました。しかし、当然のことながら責任も求められるようになりました。弊社団は、復興支援活動における利害関係者の期待に応え、復興支援活動を立派に果たす団体となるために、コーポレート・ガバナンスの強化を団体運営課題と強く痛感するようになりました。
被災者の視点に立った団体運営を推進と、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる体制を確立するとともに、健全で透明性の高い団体運営が実現できるよう、新たに復興支援業務に専念し皆様のご期待に添えますよう努める所存でございます。
何卒従来にも増してご高配ならびにご支援を賜りますよう伏してお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。
以 上

【別紙】

代表理事 磯脇 賢二
理事 三浦 敏之
理事 五十嵐 講一
監事 村井 英一
以 上

本件お問い合わせ・連絡先:一般社団法人復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二
〒983-0838 仙台市宮城野区二ノ森2-20 ニューコーポ木皿302号室
TEL:022-762-8791・FAX:022-762-8792
Mobil:090-3516-0429・PHS:070-5568-0429
http://復興支援士業ネットワーク.com/


事業計画のご報告

平成27年度、平成28年度、平成29年度の事業計画のご報告させて頂きます。

平成27年度事業計画書

平成28年度事業計画書

平成29年度事業計画書

第3期事業報告書

第4期事業報告書

第5期事業報告書


農山漁村振興交付金の交付金交付候補者選定の件

新緑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 当社団は、雄勝町にあります一般社団法人Calm Style(阿部久良代表理事)をはじめ雄勝町の自治会や石巻市のお力をいただき「石巻市雄勝町浜づくり地域協議会」を設立して農山漁村振興交付金の申請をだしていました。このたび、交付金交付候補者として選定されましたのでご報告します。
 平成28年3月に明日の日本を支える観光ビジョン構想会議で決定された「明日の日本を支える観光ビジョン」において、「滞在型農山漁村の確立・形成」が位置付けられ、滞在を伴うインバウンド需要を農山漁村に呼び込む「農泊」※1の推進を図ることとされています。農泊を農山漁村の所得向上を実現する上での重要な柱として位置付け、ゴールデンルートに集中しているインバウンドを含めた旅行者を農山漁村に呼び込み、宿泊者数や農林水産物の消費拡大を図ることを重要課題としております。
このため、農山漁村振興交付金に農泊推進対策を新設し、この中で漁村地域
においては渚泊推進対策※2として現場の実施体制の構築や地域資源を魅力ある観光コンテンツとして磨き上げる取組(漁業体験プログラム等の企画、漁村での滞在に必要な宿泊施設の整備等)、国内外へのプロモーションに対する支援を推進していくものです。
 当社団は、協議会の一員として雄勝町において「渚泊」をこの地域の所得向上を実現する上での重要な柱として位置付け、主要観光地に集中しているインバウンドを含めた旅行者をこの地域に呼び込み、宿泊者や農林水産物の消費拡大を図るため、「渚泊」をビジネスとして実施するための現場実施体制の構築、地域資源を魅力ある観光コンテンツとして磨き上げる取組を進めていきます。雄勝町の復興を推進をすすめ、持続的な街づくりを一翼を担いたいと思います。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成29年5月吉日
一般社団法人復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二

※1農泊とは、日本ならではの伝統的な生活体験や農山漁村地域の人々との交流を楽しむ滞在(農山漁村滞在型旅行)のこと。
※2渚泊とは、農泊のうち漁村地域における滞在のこと。
※3なお、6月1日より名称を「雄勝町渚泊推進協議会」に変更いたします
http://www.maff.go.jp/tohoku/nouson/nousangyoson/nouhaku_29koubo.html#170512


財政・収支報告を掲載・ご報告いたします

財政・収支報告書・貸借対照表
財政状況報告等の添付資料

平成25年度~平成28年度までの収支の動きや、活動報告等、ご覧になっていただけるようにページを新たに設けました。

2016年08月01日
復興支援士業ネットワーク


東日本大震災から5年。

今日からちょうど5年前。
2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北地方を中心に甚大な被害をもたらしました。

我々は、震災からの復興を強力に推し進めるために、その地域住民の方々を中心に行政・企業・団体・学校が参加・協働型の「持続可能な」地域づくりを目的とした、専門家の継続的な派遣と助言を行う体制を創造することを目指して「一般社団法人復興支援士業ネットワーク」を創設し、様々な取り組みを行ってきました。

今後も、「持続可能な」を合言葉に、活動してまいります。

東北の更なる復興・発展を願い、震災から5年の挨拶とさせて頂きます。

一般社団法人 復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二

雄勝に来てけらいん!(おがつこころの交流ものがたり)募集の件!

晩冬の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は、当社団に対してひとかたならぬ御愛顧を賜り、ありがとうございます。

他でもございませんが、この度当社団は、3月12日・13日にわたり雄勝町にボランティアツアーを開催します。

このツアーは、石巻市雄勝町に生きるひとたちとの交流に震災5年目の今を知り、支援とは?交流とは?を感じていただくものです。
雄勝の人たちとの2日間ふれあいこれからも続く絆を参加者それぞれに育んでいただけるきっかけとなればとの思いを込めています。

 このツアーは、当社団が、復興庁で採択された、平成27年度「心の復興」事業(石巻雄勝の漁業で生きがいを創り、故郷と人の心の再生を図る)のモニターツアーとして実施します。是非とも、ご参加して頂きたくよろしくお願いします。
今後も、皆様のご支援や激励を力として、継続して東日本大震災からの東北復興支援を成し遂げるよう一生懸命、邁進する覚悟ですので、今後とも更なるご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

敬具

http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=876f613ac1bd4f7096d028e4
リンク先:雄勝に来てけらいん!(おがつこころの交流ものがたり)こちらから申し込みとなります。


復興を使命とする専門家をご紹介。

日本財団カンパンバナー