トップページ >> 活動報告 >> お知らせ >> 情報開示に関し更なる充実の件
活動報告

情報開示に関し更なる充実の件

情報開示に関し更なる充実の件

残暑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

通常、一般社団法人又は一般財団法人の情報公開は、(認定)公益法人に比較すると、その対象が少なく、決算公告と計算書類の備置きと閲覧のみとされております。

また、NPO法人は、法人自らが行う情報公開として、法人事務所における書類の公開とともに、所轄庁が行う情報公開として、公告、縦覧及び閲覧が特定非営利活動促進法(NPO法)で定められています。

しかし、当社団は、東日本大震災からの復興支援を目的として設立されております。
設立に際して、内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業の社会起業インキュベーション事業による起業支援金と公益財団法人パブリックリソース財団からの支援を受けております。

また、現在の当社団の収入の多くは、一般財団法人ゆうちょ財団からの無料相談会に関する助成をはじめ、東北復興を願う、不特定多数の皆様による善意から成り立っております。

当社団の運営が、不特定多数の皆様による善意から成り立っている以上、自らの情報をできるだけ公開することによって皆様の信頼を得て、皆様によって育てられ・支えられているという思いから、従来より日本財団の
「CANPAN」に当社団の財政状態・経営成績、活動報告等を掲載しておりましたが、今般、当社団のホームページにも掲載することと致しました。

今後もさらなる情報開示の充実を図ってまいる所存でございます。

最後になりますが、当社団は、東日本大震災からの復興を後押しするため、今後も壊れた地域再生の手伝いをします。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成26年8月16日
ご支援してくださっている皆様へ
一般社団法人復興支援士業ネットワーク
代表理事 磯脇 賢二

復興を使命とする専門家をご紹介。

日本財団カンパンバナー